保育士

保育士の資格がなくても就職できる求人を探す方法を知ろう

  1. ホーム
  2. 自分の希望を明確にして

自分の希望を明確にして

保育園

保育士の仕事は結婚後も長く働くことができるため女性に人気の職業のひとつです。すでに資格を取得している人やこれから就職先を探そうとしている人に、求人のポイントなどをいくつか紹介したいと思います。まず保育士の働く場所として許可保育園、認定保育園、許可外保育園、病院内や企業内の保育園などがあり、それぞれの場所によって子どもの定員や保育士の設置基準、保育園の開所時間などが異なります。お給料も大切なポイントですが、どのような環境で自分が働きたいのかも重要です。たとえば病院内の保育園は夜勤がある可能性もありますが、そのぶん深夜手当などがもらえます。短時間勤務が可能だったり、小規模なところで働きたい、土日は休みたいなど、自分の譲れないポイントをはっきりさせて求人を探しましょう。保育士の勤続年数が長い保育園は、働きやすい環境である可能性が高いです。いくつかの保育園を検討している場合は勤続年数の平均を参考にしてみてください。また、気になる求人を見つけた場合も、すぐに応募するのではなくインターネットなどで保育園のホームページを見てみるのもオススメです。どのような雰囲気で働くのか、どんな考えや教育方針なのか、求人だけではわからないことを知るのは大切なポイントです。最近では国内や海外などで研修を行う保育園もあるので、スキルアップを目指している人にはピッタリかもしれません。将来子どもを産もうと考えている人は育児休暇の制度なども確認しておくと良いでしょう。